シンタケツアー メール
ガイド
観光やショッピングなどの際にガイドや通訳がいたら、もっと安心して楽しめるのに、と思った事はありませんか?

自由に歩き回りたいけど、言葉が分からない。
団体旅行でなく、個人旅行なので不安だ。
いろいろショッピングしてみたいけど、うまく説明できない。
そんな時は、ガイドをご利用下さい。
経験豊かでも信頼できる日本語ガイドを厳選しご紹介しています。 観光ガイド及び通訳の手配が出来ます。政府公認のガイドですので、日本語もばっちり。お手軽にご利用ください。
日本語ガイドご利用の規定
ご旅行を安全、快適にご満喫いただくために日本語ガイドサービスをご提供しております。
  但し、公共機関(バス、タクシー、電車)などを使っての観光案内 は致しかねますので予めご了承願います。
ガイドサービス( 1日3,000バーツから。)
* 添乗するガイドは全て、日本語ガイドライセンスを取得した優秀なガイド陣です。
* ガイドをご指名していただくことは可能です。(指名料は必要ございません。)
* ガイド料金は1グループにつき1人となります。 (1グループで専用車を2台ご利用になる際は、ガイド料金の50%が加算されます。)
交通事情などにより時間外になってしまっても特にお客様が、用途を追加されない限り別途必要ございません。ご安心ください。
予定変更などで時間延長となった場合、上記のカテゴリーの料金が適応となります。
22:00以降のご利用につきましては、一時間につき車、ガイド共に200バーツ加算されます。
延長なさる際は、当日、ガイドに相談してください。

日本語ガイドさん
当然のことながら人によって話させる日本語力が違います。このレベルの人は日常レベルだけでなく遺跡についての解説の日本語もしゃべれるとかという具合に違いますし、それにより旅行の内容によって依頼するガイドさんの日本語レベルも送迎とホテルだけの自由旅行のお世話をする場合、買い物や一般的な街めぐりをする場合、遺跡の解説を必要とするような専門的な場合といった感じで変わってきます。また、お値段も当然ながらレベルによって変わってきます。
その辺をきちんとしないと日本語の日常レベルのガイドを遺跡観光に…というような事になってしまいます。
スタディツアーでも「日本語ガイド」というのは微妙な言い方になる場合があります。内容が政治的・経済的にかなり難しい場合は当然、日本語も専門用語になってきます。その場合は「日本語ガイド」でなく「日本語の通訳(翻訳者)」になります。

国際会議の通訳をする人やそれに近い法人専門の仕事をしている人は「通訳」と区別されるのです。「通訳」は専門職なので当然、プライド意識もかなり強いです。なので一緒に観光が混在する時などは「通訳」は観光の案内をしない…というケースも多く、別に観光などを案内する「日本語ガイド」の2人体制でなどということが結構あります。
「通訳」は専門分野のみしか対応しない…という訳なんですが、それをきちんとしておかないと旅行中にトラブルになってしまったりします。

時々、視察の旅行のご依頼がありますが、その時は、どの程度の日本語と専門知識が必要なものかによって大きく料金も変わってきますので、ご注意を。


ご相談は、お気軽に下記アドレスまでお願いします。

申込、お問い合わせはこちらから
9bk9801214@anet.net.th




ガイド手配ページTopへ戻る



空港送迎車輌、ゴルフツアーも手配